ユニクロのシームレスダウンを購入した評価レビュー

ユニクロのシームレスダウンを売り場で見て一目惚れ。

もともと腰まで隠れるダウンが欲しかったので、物欲をそそられました。

欲を言えばマッキントッシュのダウンが欲しいのだけど、お小遣い制サラリーマンである私には手が届きません。

なので、2017年の歳末セールで「シームレスダウン」が2000円引きになっていたので、悩んだあげく購入してみました。

ユニクロのシームレスダウン

ユニクロのシームレスダウン

 

買って良かった点

その1:正直あったかいです

縫い目がなく、風を通しにくく保温性がとても高い「シームレスダウン」。

私は東京に住んでいますが、12月の寒さくらいであれば、これ1枚羽織っておけば余裕です。

夜ちょっとコンビニへ買い物に行く時など、ネルシャツの上にこれだけ着て出かけたりしますが、上半身は寒くありません。

もっと早く入手しておけば良かったと思うほど着心地や保温性がよく、個人的に高い評価になっています。

シームレスダウンを着て、真冬の都内を自転車でのんびり1時間ほど走りましたが、途中で汗ばんでしまい、フロントのファスナーを全開にしてしまいました。

それでも腕と背中があたたかくて、真冬のアウターとして大活躍できると確信しました。

腰まで隠れるダウンは最高です。

その2:襟が高いのでマフラーをしなくてもいける

襟が高く首がすっぽり隠れるため、フロントファスナーを上まで閉じておけば、マフラーがなくても大丈夫です。

ただ、首が直にダウンに触れるとダウンの襟が汚れてしまうので、首回りはマフラーをして防汚対策したほうが良さそうです。

その3:フードを外すと通勤用としても使えそう

駅まで自転車やバイクなどで通勤する場合は、ダウンジャケットくらいの装備じゃないと寒いこともあります。

この「シームレスダウン」は、ファスナーでフードの着脱が可能です。

フードを外すとよりスッキリしたシルエットになり、通勤用のアウターにしてもかっこよさそうです。

また撥水加工もされているので、雨の日でも着て行けます。

 

シームレスダウン・フード

シームレスダウン・フード


  

ワンサイズ小さめを選ぶべき?

私は176cm、70kgという体格ですが、ユニクロの服を切る時は、Lがジャストサイズです。

このシームレスダウンにおいては、Tシャツ・ネルシャツ・パーカーを着た状態でLサイズを着ると、少し大きめでした。

ダウンジャケットをしたに1枚着てもまだゆとりがあるくらいダボっとしました。

逆に、いつもよりいつも小さいMサイズを着ると、腕の長さや全体的なフィット感がちょうど良かったです。

また、シルエットもLよりMの方がタイト気味になってかっこよく見えますので、できるだけ小さめなサイズを選ぶ方が良さそうです。

樹脂加工されているため3年で劣化する

かなり気にいったものなので長く使いたいと思いますが、残念ながら樹脂加工されているため3年ほどで劣化してしまうようです。

「シームレスダウン」の品質表示タグには、このように書かれています。

新品のまま収納していても、時間の経過と共に、空気中の湿度や紫外線、熱や汚れ等により、約3年で劣化(剥離・べたつき)します。

ユニクロシームレスダウンの品質表示タグ

ユニクロシームレスダウンの品質表示タグ

3年後にどのようになるのか、実際にその時になってみないとわかりませんが、買い替える必要があるかもしれないですね。

その頃には、着古したから交換しようかなと思えるくらいには、使い込んであげようと思います。

 

関連リンク

ユニクロ シームレスダウンコート

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)